高額なイメージの結婚式を格安で挙げる方法

多種多様なタキシード

紳士

結婚式の新郎の衣装には、タキシード、モーニング、フロックコートなどの種類があります。その中でも、現在主流となっているのが、タキシードです。タキシードを選ぶコツは、まず新郎自身に似合っていること、そして新婦のドレスと調和することです。タキシードの本来の役割は、女性のドレスを引き立たせる「黒子」です。しかし、結婚式は新郎新婦二人が主役ですから、完全に添え物に徹するのではなく、存在感を主張しつつ女性を引き立てるバランス感覚が重要になります。そのためにはまず、自分に一番似合うタキシードを探すところから始めましょう。最初に決めるのは、デザインです。一般的なタキシードであれば、全体のデザイン自体に大きな違いはありません。ポイントは、襟の形です。具体的には、「ピークドラペル」か「ショールカラー」のどちらにするかです。前者はスーツなどと同じように尖った形、後者はヘチマ襟とも言われる丸い形をしています。ピークドラペルはフォーマルで凛々しい雰囲気で、より正装感を出したい時に向いています。対してショールカラーは柔らかいリラックス感があり、カジュアル寄りでパーティ向きです。結婚式のスタイルだけでなく、新郎本人の雰囲気に合わせると似合います。そして、同じくらい重要なのが「色」です。正統はもちろん黒ですが、結婚式にそれでは地味すぎると思うなら、濃色なら紺やグレー、明るい色なら白やベージュも素敵です。ただし、黒以外にするなら、新婦のドレスと並んで違和感がないどうかを確認するのは鉄則です。「お似合いの二人」と言われるためにも、新郎もきちんとこだわったタキシード選びをしましょう。